アイビーリーグ大学基金2019年度の運用評価:パフォーマンスギャップの解読

2019年度はアイビーリーグ大学基金にとって興味深い年でした。主要なプライベート・マーケットのアセットでは大幅なリターンが得られた1年でありましたが、パフォーマンスの平均は60-40の伝統的な国内バランス型ポートフォリオ [1]パッシブ市場の時価総額加重(伝統的)国内60%株式/ 40%債券ポートフォリオは、60%株式部分にS&P  … Continue readingのリターンを下回りました。また、アイビーリーグ大学基金では、幅広い分散投資が行なわれ、結果として従来のパフォーマンスリーダーの交代が見られました。

このレビューでは、2019年度に起こったかもしれないことを解読し、今年の異常な結果の原因と思われる、典型的な巨大大学基金のプライベート市場への投資について一考します。

アンダーパフォーマンスの驚くべき年



この記事は会員登録メンバーに制限されています。登録済みの方はログインしてください。会員登録は以下のリンクをクリックしてください。

会員の方はこちら