あなたが保有している株式ファンドのCash比率を考えたことがありますか


新型コロナウイルスの感染拡大を受け世界経済の先行き不透明感が高まる中、世界の株式市場は大きく下落しています。特に株式市場が高いボラティリティに直面している場合、投資家は、リスクを回避しようと行動します。ただし、ほとんどのミューチュアルファンドマネジャーにとって、コアアセットの大幅な売却またはヘッジは、通常マンデートの規定外であるため、認められません。市場のボラティリティが2月と3月に急上昇したため(上記チャートのVIX指数を参照)、米国ラージキャップミューチュアルファンドのほとんどは、ほぼフルインベストメントされたままであり、過去1か月半でポートフォリオが-10%から-30%減少しているものと思われます。(S&P500インデックスは‐16%) [1] … Continue reading



この記事は会員登録メンバーに制限されています。登録済みの方はログインしてください。会員登録は以下のリンクをクリックしてください。

会員の方はこちら