アイビーリーグ2017年を測定する:大学基金のリターンは混乱の1年に

概要

  • こんなことが起こっても不思議ではありませんが、今年の勝ち組とリターンをもたらしたファクターエクスポージャは明らかに通常のものとは違っていました。
  • 全体として、アイビーリーグは2016年度の期待外れの結果を覆し、すべてがプラスのリターンを記録し、ハーバード大学以外のすべてが60-40のポートフォリオを上回りました。(2009年以来でたった2回だけ)
  • 出遅れ銘柄はアウトパフォームし、値上がり銘柄は適度なリターンを更新しました。
  • 上場株式市場は堅調に推移し、プライベート・エクイティ市場のパフォーマンスを上回り、アイビーリーグ大学基金のリターンを押し上げました。
  • ハーバード大学は、6年間で4回下位の成績に甘んじ、説明することのできない大幅なマイナスのリターンを発表しました(報道によると一部は、天然資源投資の大幅な評価損によるもの)。
  • 大学基金のハイリスク、ハイリターン・ポートフォリオのイェール・モデルへの移行である非流動性投資へのエクスポージャの増加は、2017年ではあまり効果をもたらさなかったようです。



この記事は会員登録メンバーに制限されています。登録済みの方はログインしてください。会員登録は以下のリンクをクリックしてください。

会員の方はこちら