暗号資産ヘッジファンド–評価はいかに

関連するリサーチ:マイクロストラテジー株:マージンコールの対象に

暗号資産ヘッジファンドが有意なアルファを生み出すことができるかどうかの結論はまだでていませんが、多くの投資家は代わりにベータに投資することで様子をうかがい満足しているようです。伝統的資産に対する相関関係は十分に低く、高いリターンを示しているため、ドローダウン損失の発生が裏付けされているにもかかわらず、一部のポートフォリオは勢いづいています。そして、ここ数週間で我々に何かを教えてくれたとしたら、それは暗号資産固有の極度のリスクが存在し、それを取り除く術がないということです。

6月15日のニュースでは、暗号資産ヘッジファンドであるスリー・アローズ・キャピタルの共同創業者、スー・チュー氏がTwitterで、暗号資産市場で進行中の損失に続く破産に対する投資家の懸念に対して発言したとありました。残念ながら、これは最近ではよく知られた話であり、今後の話題も暗号資産のエクスポージャに関連付けられていない小さなプレーヤーなのか?または主要なヘッジファンドから来るものなのかも推測できません。

一部の投資家は、暗号資産をボラティリティだけでなく、彼らが常に求めている分散効果においても問題があるにもかかわらず、効率的で成熟した市場に欠けているアルファを獲得する機会を得ることができる道と見なしています。たとえば、これらの投資家は、Eurekahedge Cryptocurrency Index(暗号資産インデックス)を構成する平均的なヘッジファンドがほとんどビットコインと同等で以下のようなチャートを示すことを見つけて落胆するかもしれません。

Eurekahedge Cryptocurrency Index(暗号資産インデックス)がビットコインに非常に近いように見えるのには正当な理由があります;2017年には、ビットコインが暗号資産市場の80%以上を占めていました。しかし、市場が成熟するにつれ、80%に到達するには、最大10の暗号通貨を組み合わせる必要があります。この記事の執筆時点では、13,000(coingecko)〜20,000(coinmarketcap)の暗号通貨があり、おおよその合計価格は1兆米ドルをわずかに下回っています [1]さまざまなデータアグリゲーター(CoinMarketCap、CoinGecko、Messari)からのさまざまな値

しかし、その多くのヘッジファンドはいったい何を提供しているのでしょうか? 新しいものが毎日どこからともなく湧き出てきて、多くはアービトラージ(取引所の数の増加によっても促進される)とヘッジの機会を通じて、暗号通貨のエクスポージャの魅力的なリスク軽減スキームを提供しています。しかし、これらのファンドとその投資スキームは期待に応えることができたのでしょうか?

そこで、我々はその検証のためアクティブな暗号資産マネージャを代表するヘッジファンドグループの作成に取り掛かりました。Eurekahedgeと HFR の暗号資産ヘッジファンドを組み合わせた集団の中から、3月31日時点で少なくとも3年のデータを持つファンドを抽出し、重複するシェアクラスとシングルコインインデックスファンドを排除しました。これにより、51本の個別のヘッジファンドが残りました。この数は実際の暗号資産ヘッジファンドの数と比べると非常に少ないですが、グループのパフォーマンスとリスク全般を推測できる代表的なファンドの集団です。

データ期間を2018年の初めまで拡張すると [2] … Continue reading、個々の暗号通貨ヘッジファンドの年次パフォーマンスに大きなバラツキが見られます。この期間の年間の四分位範囲(統計的分散の尺度で75パーセンタイルと25パーセンタイルの差として定義されます)の最も小さい値は39%です。最も大きい値は、ほぼ200%です。このようなバラツキは、他のヘッジファンドのカテゴリー、さらにはプライベートエクイティのバラツキを根本的に矮小化します。確かに、これらの暗号通貨ファンドはすべて同じ方法で投資することはできません。

次に、我々はユニバース(51本)から期間3年で、ソルティーノレシオ、トータルリターン、AUMの上位10ファンドを抽出し均等加重平均(ポートフォリオ)をそれぞれ3つ作成しました。そしてこれらの平均を、EurekahedgeとHFRのベンチマーク、およびビットコインと比較しました。ここでは下方リスクに重点を置いているため、X軸のリスクにはダウンサイドリスクを使用しました。以下の図は、2022年4月までの過去2年間および3年間、インデックス、および個々のファンドの平均を示しています。それらのファンドは、残存ファンドつまり、アクティブであり、それぞれのデータベンダーにリターンを提供し続けているファンドを意味します。

リスク調整後ベースで見ると、 各カテゴリーのトップ10ポートフォリオの平均とヘッジファンドインデックスは、ビットコイン単体投資よりも高いリターンが見られます。多くのファンドが同様の結果を出しましたが(北西の象限)、明らかにアンダーパフォームしているのはほんの一握りの個別ファンド(南東の象限)も存在します。―ここでは、この期間中に清算またはリターンの報告を停止した15のファンドをカウントしていません。ソルティーノレシオのトップ10ポートフォリオは、ダウンサイドリスクが低くX軸で全体の約25%に位置し、リターンではビットコイン単体とほぼ同じ位置を示しています;ヘッジファンドのインデックスとトップAUMポートフォリオもビットコイン単体と同様のリターンを示し、ダウンサイドリスクも低く位置しています。トップリターングループは高いリターンと低いダウンサイドリスクの両方を誇っています。

暗号通貨ヘッジファンドは、直接コインに投資と同様のパフォーマンスを提供しますが、リスクは低くなるのでしょうか?本当なら魅力的な提案であることは間違いありません。しかし、これはすべて、最高のパフォーマンスを上げているファンドがこれらの結果をどのように達成したかという問題を提起します [3] … Continue reading。確かに、分散投資がその役割を果たすかもしれませんが、それを超えて、各グループは共通の戦略を採用していますか?機関投資家は、暗号にさらされた各ファンドがこのボラティリティの高い波にどのように乗っているのかを明確に把握できるのでしょうか?そして、その一部を信頼するのでしょうか?

デジタルアセットは、モーニングスターの正式カテゴリとして認証を受けたばかりでそのカテゴリの位置づけは真新しく複雑です。この機会を利用しようとしている投資家は新たな投資機会としてそれを見つけるかもしれません。しかし、これらのファンドは、分散と思える外れ値でデューデリジェンスが行われ悪夢を提供するかもしれません。また、最高のファンドと他のファンドとの違いは?–そして、これらの方法が変化する暗号市場でその機能はどれほど確実ですか?テラ(LUNA)の崩壊のように、トップファンドとボトムファンドの違いは、特定のコインへのエクスポージャに帰着するだけですか?

コインに対してこのような質問に答えることは、困難な作業です。しかしそれは、不透明なファンド、複雑な戦略追加の質問以前に、はるかに多く発生しているような「もしも」のシナリオに答えることは簡単なはずです。

言うまでもなく、機関投資家は、暗号資産ヘッジファンドポートフォリオの真のリスクを推定および管理することを、デューデリジェンスの取り組みの基礎として検討する必要があります。我々の次のリサーチでは、ファクター分析を使用して、上記の質問に対する答えを見つける方法を示し、暗号資産ヘッジファンドのベータの真の謎を解きます。

ディスクレーマー: MPIはパフォーマンスベースの分析を行っており、公開されているファンド情報以外の投資戦略のクオリティあるいはメリットに関してコメントは行いません。また当該ファンドの実際の投資戦略、ポジションあるいは保有情報を知ることを要求したり示唆するものではありません。この分析は、ファンドのリターンのみを使っており、実際の保有情報は反映しておりません。あらゆる定量分析に固有の分析と実際の保有、また/あるいはファンドによる投資決定との乖離が予想されます。本レポートは、MPIが信頼できると判断した情報源から入手した情報をもとに作成しておりますが、当該情報の正確性を保証するものではありません。情報提供を目的としたものであり、本ファンドの勧誘のために作成されたものではありません。

Follow me!

脚注

脚注
1 さまざまなデータアグリゲーター(CoinMarketCap、CoinGecko、Messari)からのさまざまな値
2 ここには、アクティブなバイアスを回避するために、償還したものを含むすべてのファンドが含まれています。このチャートには、両方のデータベースで重複するシェアクラスまたはファンドレポートが含まれる場合があります。リスクリターン図には、現在アクティブなファンドのみが含まれています。
3 指定された期間の「トップ10」の平均がインサンプルで選択されていることを強調する必要があります。分析期間の前にそれらを特定したことを示すのではなく、機会があった期間を示すために選択されました