年次リターンでトップの大学基金の収益の源泉を明らかにすることが出来るか?

秋になると、毎年注目される興奮と驚きにつつまれるコンテストの時期が訪れます。いえ、ワールドシリーズの話ではなく、大学基金の決算報告の話です。2015年度のリターン [1]6月30日に終了する会計年度、大学基金が選択した報告の期間。がトップの大学基金の報告が入ってきました。それによれば、約14億ドルの運用資産を持つボウディン大学が今までのところトップの栄誉(14.4%)に輝き、基金最大規模のハーバード大学は5.8%のリターンを記録しました。今回はMPIの特許取得済DSA(ダイナミックスタイル分析)モデルを用いて、トップの大学基金を分析していきます。このモデルは、投資家向けのディスクロージャーが限定的な、複雑なファンド(例:ヘッジファンド)を評価するためのソリューションとなっています。この分析はトップの大学基金に対して他の方法では得られない知見を提供し、報告されるパフォーマンス結果の幅の要因を提示します。



この記事は会員登録メンバーに制限されています。登録済みの方はログインしてください。会員登録は以下のリンクをクリックしてください。

会員の方はこちら