インサイダー取引疑惑のヘッジファンド分析レポート

【盗聴器を使わずにインサイダー取引を暴く】

Intel、Google、IBMなどハイテク業界の有名企業を巻き込んだインサイダー取引疑惑で起訴された米国の大手ヘッジファンドGalleon Groupの分析レポートです。

本レポートでは、政府が盗聴器を使って暴いた不正を、ファンドの運用実績のデータのみを用いて分析するリサーチ手法をご提案しております。今回の研究において、弊社は数千通りもの可能性を徹底的に模索し、ファンドの運用実績から投資スタイルを再現するリバースエンジニアリングを試みることで、ヘッジファンドを科学的に分析いたしました。



この記事は会員登録メンバーに制限されています。登録済みの方はログインしてください。会員登録は以下のリンクをクリックしてください。

会員の方はこちら